おなかの調子はきっと変わる。

“生きた乳酸菌”配合のプロバイオティクスだから
善玉菌がしっかり腸へ届く。

犬のイメージ画像
オールラックペースト

All-Lac

オールラックペースト

プロバイオティクス

プロバイオティクス

生きた乳酸菌をマイクロカプセル化

おなかの調子がゆるいのは、
善玉菌の減少によるものかもしれません。

こんな時におなかを壊してませんか?

  • 長距離の移動や急な生活環境の変化
    犬のイメージ画像
  • 怪我をしたとき
    犬のイメージ画像
  • いつもと違うペットフードに変えたとき
    犬のイメージ画像
健康な犬の腸内には、何十億もの善玉菌と言われる微生物が存在し、おなかを守ってくれる役割を果たしています。この善玉菌が減ってしまうと下痢や消化不良などのトラブルの元に。
善玉菌は肉体的・精神的なストレスと密接な関係があり、プレッシャー受けると減少傾向にあるのは動物も人間と同じです。自分が思っていることを人に伝えられないペットは、人間に適した環境下で多くのストレスにされされているもの。長距離の移動や急な生活環境の変化を経験したとき、怪我をしたとき、いつもと違うペットフードに変えたとき・・・など、おなかをこわしてしまったパートナーの姿を見たことはありませんか?抗生物質や虫下し、フィラリア予防薬に投与なども、病原性バクテリアを死滅させたり抑制する効果があるものの、同時に腸内の善玉菌を大きく減少させてしまう場合があります。
また、新生時や離乳時、分娩時なども、善玉菌は減少傾向にあります。特に新生時の動物は極めて無菌状態の腸を持って生まれてきます。彼らは固形フードを完全に摂取できるようになるまで、生まれてから触れた様々な種類の腸内微生物菌とともに成長していきます。
犬のイメージ画像

オールラックペーストは
善玉菌バランスを整えることで
腸内環境を改善

犬のイメージ画像
犬のイメージ画像
オールラックペーストは善玉菌バランスを整えることで腸内環境を改善する、マイクロカプセル化した“生きた乳酸菌”を配合したサプリメントです。オールラックペーストを新生時に給餌することによって、何十億もの生きた乳酸菌が腸内で正しくバランスを確立することができるようになります。腸内細菌を安定させるということは、未消化乳やそれに伴う下痢のリスクを最大限に軽減する、非常に重要な要素です。一流の競走馬は生育後に強い腸となるよう仔馬のときからオールラックペーストを使用しています。

特許取得の技術で、
“生きた乳酸菌”をマイクロカプセル化。

オールラックペーストは動物の健康関連企業として世界でトップ5に入るアメリカのオルテック社が開発した、腸内環境改善に働きかけるプロバイオティクス製品です。同社が持つ特許取得の製法で “生きた乳酸菌”のマイクロカプセル化に成功。カプセル化することによってより安定した状態で善玉菌を腸内へ届けることが可能になりました。
オールラックペーストには、自然に生成される「ラクトバチルス・アシドフィラス」と「エンテロコッカス・フェシウ」という、ストレス環境下で善玉菌として利用される乳酸菌微生物が非常に濃縮された状態で含まれています。よって、動物の強い胃酸に邪魔されるのを最小限に防ぎながら、腸内まで届けることができるのです。
オールラックペーストに含まれているのは生菌ですが、常温での保存が可能。経口投与できるシリンジタイプなので、咀嚼が苦手な幼犬・幼猫や老犬・老犬にも投与しやすく、お見舞い時にも使用できます。警察犬訓練所での治験も実施しており、安全性と効果もしっかり検証済みです。
犬のイメージ画像 犬のイメージ画像

バイタルパワーとのW使用で、
腸内環境改善、もっと強力に。

WPower
犬のイメージ画像

シンバイオティクスとは?

犬のイメージ画像

シンバイオティクスはプロバイオティクスとプレバイオティクスを組み合わせて摂取する考え方で、その概念は1995年に英国の微生物学者Gibson(※)によって提唱されました。 プレバイオティクスのバイタルパワーで腸内環境を整えながら腸内フローラの育成をして良好な腸内環境を作った上で、プロバイオティクスの【オールラックペースト】で腸内で有効な働きをする乳酸菌微生物(善玉菌)を植え付ける。アニマスリートは、シンバイオティクスの考え方をペット用サプリメントにいち早く取り入れています。 シンバイオティクスは医療現場でもすでに応用されており、短腸症の患者にシンバイオティクスを投与した結果、有害菌の菌数が減少し、全身の栄養状態が改善されたとの臨床報告があります。また、胆道癌患者へのシンバイオティクス投与により、有害菌の菌数減少に伴って術後の感染性合併症が抑制されたという臨床試験も報告されています。

※Dietary modulation of the human colonic microbiota: introducing the concept of prebiotics. Gibson GR, Roberfroid MB (1995): J Nutr 125(6): 1401-1412.)。

出展 ヤクルト中央研究所

Customer Voice

犬のイメージ画像
くー 14歳

福岡県 A.U様 プードル 女の子

よくお腹をこわしていたのがピッタリ止まりました!

昔からお腹の弱い子でした。友人が「オールラックペーストを試してみれば?」とオススメしてくれて、使い始めました。すぐに効果が表れお腹を壊すことがなくなりました。オールラックペーストは美味しいみたいで、与える時間になるといつも嬉しそうにおすわりしています。

調布市在住 T.Y様 ラブラドールレトリバー 女の子

よくお腹をこわしていたのがピッタリ止まりました!

犬のイメージ画像

私はプロのドッグトレーナーで、メッシは元災害救助犬です。2人でいろんな仕事をこなしてきました。犬は多くのストレスをうけると下痢になりやすいため、ハードな任務をこなすためにオールラックペーストで腸内環境を整えることは欠かせません。今は14歳と老いてきましたが、バイタルパワーとの併用で体調も良く実際の年齢よりも若く見られます。

犬のイメージ画像
メッシ 14歳

Feeding Method

  • 犬のイメージ画像

    新生時~離乳時

    7日に1回、約半目盛り

  • 犬のイメージ画像

    離乳時以降(15kg未満の動物)

    2日に1回、約1目盛り(オールラックペースト1本で約60日分)

  • 犬のイメージ画像

    離乳時以降(15kg以上の動物)

    1日に1回、約1目盛り(オールラックペースト1本で約30日分)

  • 新生時を除いてストレス環境下にある場合は通常の約2倍の分量を給餌してください
  • いずれも空腹時は避けて食後に給餌してください
  • 使用期限は製造日より1年間、常温での保存が可能です(直射日光と高温多湿を避けて保存してください)
  • オールラックペーストはアメリカ合衆国内で厳重な品質管理のもと製造されています

Buy Item

オールラックペースト

All-Lac

数量
限定

1本

矢印

3,300円(税込)

Products

Top
犬のイメージ画像